JPAL 日本出版美術家連盟

問い合わせる
閉じる
垂井ひろし
たるい ひろし
1961年生まれ、東京都杉並区出身
1984年 東京造形大学デザイン科卒業
編集プロダクション、デザイン事務所勤務の後、
1994年 イラストレーターとして活動開始。歴史雑学本の表紙や挿絵、スポーツ選手の似顔絵、モータースポーツ誌での連載、新聞イラストなど 墨画家鈴木缶羊に師事
1998年 FIFAワールドカップ日本代表公式グッズの似顔絵タオルのイラスト担当
90年代末より墨画の技法を取り入れたモータースポーツ・イラストを描き始める。
近年は鈴鹿市、鈴鹿サーキット、京都知恩院、自動車メーカー・ショールームなど各地で『墨のF1アート展』『墨ぐらんぷり展』を展開中。また、イベント会場で『墨画ライブアート』と称した大型作品の実演。書籍、雑誌でのイラスト、食品などパッケージ用イラスト。 
雅号「雪嶺」
イラスト
書籍