JPAL 日本出版美術家連盟

問い合わせる
閉じる
小松崎茂(故人)
こまつざきしげる
1915年 東京都生まれ。
1931年 16歳、日本画家堀田秀叢に師事。
1935年 人気挿絵画家小林秀恒に師事。1938年 悟道軒円玉の講談「白狐綺談」(小樽新聞)にて挿絵画家デビュー。
総合科学雑誌『機械化』(山海堂)にてSF挿絵画を描く。
少年雑誌全般に絵物語・表紙・口絵を連載。
1961年 東宝「地球防衛軍」「海底軍艦」他などのメカデザイン・ストーリーボード
1967年 「サンダーバード」プラモデル箱絵 他 プラモデル箱絵の第一人者として活躍。
メカデザイン・正義のヒーロー・SFイラストなど、少年雑誌やプラモデル箱絵で子どもたちの夢や憧れを描き続けた。 2001年12月7日永眠。